カードローン審査に通らない理由

カードローンを利用するには、まず審査に通る必要があります。
しかし、誰もが必ず審査に通るとは限りません。
では、実際に利用する前に、審査に落ちる理由について説明します。
まず1つ目は、居住地です。
審査に通りやすいのは、持ち家で同居人がいる人です。
逆に、賃貸住まいで、短期間に何度も居住地を変えている人は夜逃げの可能性があるとみなされ、審査に通りにくくなります。
次に2つ目は、勤務年数です。
勤務年数が短かったり、短期間に何度も転職を繰り返している人は収入が不安定とみなされて、審査に通りにくくなります。
そして最後に3つ目は、現在及び過去に借金がないかどうかです。
例えば、現在他の会社で借り入れがたくさんあったり、過去に自己破産や多くの滞納がある場合は、調査機関のブラックリストに名前が載っている可能性が高く、審査に通ることが難しいと言えます。
以上のような3点をクリアしていれば、多くの人がカードローンの審査に通過することができます。