コンテンツプロバイダーとは?

【コンテンツプロバイダーはインターネットの接続業者ではない】今ではプロバイダーと言えばインターネットの接続業者のことを指す場合が多いのですが、一方コンテンツプロバイダーと呼ばれるこれとは違ったプロバイダーも存在しますから、両者の違いをはっきり知っておくことも必要です。

コンテンツプロバイダーはインターネットの接続業者がISPと呼ばれるのに対してCSPと呼ばれています。
CSPとはcontentsserviceproviderの略語です。
これで分かるようにコンテンツプロバイダーは本来はテレビやラジオのようなメディアの番組とかを指していましたが、現在ではデジタルコンテンツと呼ばれるネットワーク上で手に入る情報やサービス提供者を指しています。
したがってコンテンツプロバイダーが扱うサービスはポータルサイトや検索サービス、あるいはニュース配信、アプリソフトや音楽配信、あるいは電子ホ書籍やデータベースの提供など多岐分野に及んでいます。