光回線が安定しないときどうすればいい?

ワイモバイルへの乗り換えによって、携帯料金は今よりもかなり下がるとの宣伝を見かけます。
が、本当に安くなるとは断定できないのです。
また、パケ放題はプランになく、他社と同じように7GBまでの制限があって6千円程度かかりますので、あまりお得な感じはないこともあります。
早いと定評のある光回線が安定しないわけの一つとして、光回線は、近隣住居やマンションの中などで回線を分けているので、通信量が多い住人がいる場所では遅くなることもあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に特に遅くなり、安定しづらい場合はこのせいだと言えるでしょう。
ワイモバイルだとしても、中途解約する場合に、違約金がかかってしまうのかきになるところです。
これ自体は、ワイモバイル契約時のプランによって異ります。
契約内容によって2年や3年に満たない解約で9500円もの解除料金が発生します。
契約する場合は、慎重にプランを選びましょう。
知名度の高くないワイモバイルの場合、解約する時に発生する解約金を低料金にしたり、契約の期間を縮めたりして試用期間を利用するようにすれば、契約の回数が増えていくでしょう。
値段に魅力を感じても、1年以上の契約期間があっては、すぐに契約に踏み出せないものです。

光回線業者の口コミ