海外に引っ越す場合には国内の引っ越しとは違った準備があります

様々な準備が必要な海外赴任と言うこともあって、その中でも特に大がかりなのが、荷物の整理になります。
海外赴任の場合では、国内の引っ越しの様に、現在の家にある物をほぼ全部持って行くと言う事は出来ません。
ですから、事前に「持って行く物」と「置いて行く物」を選別します。
そんな必要があります。
また、場合によっては捨てる物も出てきますよね。
いずれにしても、国内の引っ越しとは異なる準備が必要と言うことになります。
海外赴任先に持って行く物の前提に、海外で使用可能なものがあります。
いくら便利な物であっても、国内でしか使用できないものなら、赴任先では使用不可な物だとしますよね。
それでは、持って行く意味はありませんよね。
(汗)海外で使用可能かどうか!?この辺のことを選別する上で大変な物と言うと、電化製品が挙げられますね。
日本国内の場合では、東日本と西日本で電圧が異なります。
ですから、両方に対応している製品が殆どありません。
特に問題はありませんよね。
しかし、海外の場合ですと、日本とは異なる電圧になっているので、使用するには変圧器(トランス)が必要です。
そこまでしなくても、赴任先で購入すれば良いと言う物もたくさんあります。
その点を考慮してください。
海外赴任することになった場合は、持って行く事を推奨されている電化製品として、以下のものが挙げられます。
扇風機、電気ストーブ、電池、ドライヤー、電気炊飯器、電子レンジ等です。
変圧器は必ず準備しておくと良いですね。
(笑顔)